メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

73年、終戦の日 風前の戦争記憶 式典継承、子世代に不安

終戦の日を迎え、千鳥ケ淵戦没者墓苑で正午の時報に合わせて黙とうが行われた=東京都千代田区で2018年8月15日正午、手塚耕一郎撮影

 平成最後の終戦の日を迎えた15日、今年も各地で追悼式典が開かれた。しかし、戦争体験者や遺族は減り続け、今年は式典をやめたり、組織の維持が困難になったりした地域もある。平成とは、戦争の記憶を継承することの難しさを浮き彫りにした30年間でもあった。一方で、次世代にふさわしい継承の形を模索する動きも出ている。

 戦争体験者の減少は統計から一目瞭然だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです