メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

大言壮語はダメよ=坂東賢治

 <moku-go>

 中国の文人は伝統的に筆名を好むらしい。毛沢東(もうたくとう)主席ら中国共産党の指導者も革命初期、本名を隠して筆名で文章を発表することが多かった。

 非合法な地下活動を続けていたことも影響していたのだろう。その伝統が受け継がれているのか。中国メディアでは今も筆名がよく使われる。

 習近平(しゅうきんぺい)国家主席が浙江省書記時代に使っていたのが「哲欣」だ。中国語では哲は浙、欣は新と同音で「浙江の創新」を意味していたという。

 共産党機関紙「人民日報」にはたびたび登場する筆名が多い。例えば「任仲平」だ。「人重評」と同音で「人…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです