メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

西日本豪雨の教訓 「災害は起こる」気構えで=石川将来(北陸総局)

土石流によって破壊された民家=広島市安芸区で7月15日、石川将来撮影

石川将来(まさき)

 「たった4年で同じような光景を目にするとは」。西日本豪雨の発生1週間後に広島市の被災地に入り、がれきを前に立ち尽くした。私は入社5カ月目の2014年8月、勤務していた広島支局で、77人が死亡した豪雨による広島土砂災害に直面した。以来離任までの2年半、「二度と犠牲者を出さない」との思いで、被災地の記憶の継承や防災活動を取材した。今回、記者として育ててもらった街にこうした形で戻り、胸が痛んだ。被害を防ぐには、一人一人が「いつか自分も」と災害を身近に感じ、素直に課題に向き合えるかが問われる。「憂いなければ備えなし」と改めて呼びかけたい。

 広島土砂災害の現場では、土石流の恐ろしさを目の当たりにした。家を破壊した巨岩の迫力、強烈な山土の臭…

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文2041文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです