メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文・韓国大統領

日米取り込み狙い 「東アジア鉄道共同体」提案

日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の記念式典で国旗を振る文在寅韓国大統領(中央)=ソウルで2018年8月15日、AP

 【ソウル堀山明子】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日行った「光復節」演説で、歴史問題を巡る対日批判を控え、日韓協調が「日朝関係正常化につながる」と日本に北朝鮮との対話を促した。演説では日米を交えた「東アジア鉄道共同体」構想も発表。対北朝鮮制裁が続く中、南北経済協力事業が国際的に孤立化しないよう協力の枠組みを広げ、対北朝鮮政策で日本との連携を模索する姿勢を示した。

 式典会場となったソウル・竜山には、植民地時代に日本軍が所有し、朝鮮戦争(1950~53年)以後は米…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです