メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正男氏殺害

きょう判断 2被告公判、続行か無罪か 弁護側「いたずら撮影と誤認」/検察側「目を狙い明確な殺意」

シティ・アイシャ被告(左)ドアン・ティ・フオン被告=AP

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏(当時45歳)が2017年2月にマレーシアで殺害された事件で、実行役として殺人罪に問われたベトナム人のドアン・ティ・フオン(30)、インドネシア人のシティ・アイシャ(26)両被告について、クアラルンプール近郊の高等裁判所が16日、無罪か公判を続行するかを判断する。弁護側が明らかにしたフオン被告の供述調書などから、事件を振り返る。【バンコク西脇真一、クアラルンプール武内彩】

 16年12月27日午後、ハノイのバーを東洋系の男が訪ねて来た。ベトナム語を話し経営者夫婦が知る運転…

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1325文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです