メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

上海、進む無人化 銀行・コンビニでAI活用 出稼ぎ制限で人手不足

女性客が「どうやって入るの?」と聞くと、ロボットが説明してくれる=上海市の中国建設銀行の無人店舗で、古屋敷尚子撮影

 中国の経済活動の中心地である上海で、銀行やコンビニの「無人化」が進んでいる。出稼ぎの減少や少子高齢化で労働力が不足していることが背景にあり、IT(情報技術)を活用して人手を省く動きがサービス業で広がっている。人手不足に悩む日本にとっても先行事例になりそうだ。【上海で古屋敷尚子】

 上海の繁華街・九江路にある「中国建設銀行」の店舗入り口で、人工知能(AI)搭載のロボットが女性客を出迎えた。「今までに来店したことがあれば、顔認証で入れますよ」と語りかけ、女性がカメラに顔を向けると、駅の改札機のようなゲートが開いた。

 今年4月、中国で初めてオープンした同銀行の無人店舗1階には、スタッフがいない。上海市関係者によると…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1215文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです