メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

サッカー 森保J白星発進 三笘弾、2020年見据え 川崎入団、そして五輪

【日本-ネパール】前半、先制ゴールを決める三笘=宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のサッカー男子1次リーグD組で、東京五輪世代のU21(21歳以下)代表で臨んでいる日本は、14日の初戦でネパールに1-0で勝った。チーム初ゴールを奪った三笘(みとま)は筑波大3年で、既に2020年のJ1川崎入りが決まっている逸材だ。

 冷静さが光った先制点だった。前半7分、右の長沼(岐阜)からの折り返しが中央へ。フリー…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです