メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終戦の日

陛下おことば 平和、次世代へ 30年不変、強い信念 作家・保阪正康さんに聞く

作家の保阪正康さん=根岸基弘撮影

 天皇陛下は15日、在位中最後となる全国戦没者追悼式でおことばを述べられた。昭和史に詳しく、著書に「明仁天皇と裕仁天皇」などがあるノンフィクション作家、保阪正康さん(78)に感想を聞いた。(5面に陛下おことば全文)

 天皇陛下の全国戦没者追悼式でのおことばを聞き、戦争や平和に対する変わらぬ強い信念と次世代に伝え続けなければならないという責任感を改めて感じた。その思いは「過去を顧みる」と「深い反省」の二つのキーワードに凝縮されているように思う。

 陛下は即位後、基本的に昭和天皇が追悼式で述べてきた内容を踏襲してきたが、戦後50年の1995年に「…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです