メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正男暗殺

女2人の公判が開廷

クアラルンプール国際空港の現場検証で、車椅子に乗って移動するシティ・アイシャ(右上)とドアン・ティ・フオン(左下)両被告=2017年10月24日、平野光芳撮影

 【クアラルンプール武内彩】マレーシアで昨年2月に起きた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺事件で、殺人罪に問われた女2人の公判が16日、クアラルンプール近郊の高等裁判所で開かれた。無罪か今後も審理を続けるか判断が下される見通し。

 女2人は、ベトナム人のドアン・ティ・フオン(30)とインドネシア人のシティ・アイシャ(26)…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです