メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

靖国神社ルポ

終戦の日の思いそれぞれ 戦禍忘れない

 戦後73回目で平成最後の「終戦の日」となった15日、各地で祈りが広がった。犠牲となった兵士がまつられる東京・靖国神社には、つえをつく人たちに交じって手を合わせる若者や親子連れの姿があった。A級戦犯の合祀(ごうし)などを巡って揺れ続けてきた場所で、節目に何を思うのか。靖国で聞いた。【安高晋】

 空が白み始める頃から門前には参拝者が集まり、午前6時前には200人以上に膨らんだ。門が開くと、多くの人がいったん立ち止まり、一礼して拝殿に進んだ。東京都杉並区の会社顧問の男性(80)もその一人。50年以上通う。海軍の航空隊にいた兄が終戦2日前に命を落とし、戻ったのは空の木箱だけだった。「先だった者のお陰で今がある。できるだけ早い時間に感謝を告げたかった」。平成の終わりを気持ちの区切りにするつもりはないが、年月の経過は実感する。「出兵どころか、空襲を体験した人さえ少なくなった」と風化を心配した。

 午前8時を過ぎ、境内には軍服姿や旭日旗を掲げた参拝者が増え始めた。軍歌を流す人もいる。街宣車も周回…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです