メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(45)ソ連の仕事Ⅷ 伝説のピアニスト・リヒテル③

飛行機嫌いのリヒテルだったが74年は日本航空機で来日。羽田空港で出迎えの人々ににこやかにあいさつした=写真右から2人目。4月17日付の毎日新聞の見出しは「リヒテル氏、空から来る」だった

日本に魅せられて

 1970年の初来日中、スヴャトスラフ・リヒテルは体調を崩し、5回の演奏会をキャンセルした。だが滞在期間を延長して3回の追加公演を行い、大阪万博や地方公演を含め計18回の演奏会を精力的にこなした。彼の「音楽をめぐる手帳」には、初日の演奏曲目とともに次のような記述が見られる。

 「演奏会はかなりの成功だった。これが日本での最初の演奏会だったのだ! 何もかもが目新しいことずくめ、慣れないことずくめで、非常な不安を覚えたが、それもほどなく消えてしまった。やがて滞在は興味尽きせぬものになり、私たちは奈良へ行き、万博にも行ったものだ……。以来しばしばこの国を訪れ、ここの生活のリズム、習慣、料理にすっかりなじんでしまった……わからないものだ!」(ブリューノ・モンサンジョン著、中地義和・鈴木圭介訳「リヒテル」)

この記事は有料記事です。

残り3151文字(全文3511文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです