メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

翻訳家・池田香代子さん 会いたい人には会っておかなくちゃ

自宅の階段に立つドイツ文学者の池田香代子さん=東京都杉並区で2018年8月8日、手塚耕一郎撮影

 ビクトール・フランクル著「夜と霧」は、第二次大戦中の強制収容所で生き延びたユダヤ人の体験記だ。ナチスの悪辣(あくらつ)非道ぶりを克明に記録し、極限状況でも良心を失わなかった人間の尊厳を描いた。日本では、著者に実際に会って訳した霜山徳爾(とくじ)・上智大名誉教授(1919~2009年)の邦訳(みすず書房)が、戦後ずっと読み継がれてきた。

 「高校生の時に初めて読み、何度も何度も読み直してきました。それを私が訳すなんて、とんでもないと思っ…

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1678文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです