メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 聴覚障害者による国際大会「デフリンピック」をご存じだろうか。1924年が初開催で、60年が第1回の「パラリンピック」よりも歴史がある。しかし、知名度が低いため企業の寄付金が集まらず、選手は苦労しているという。

 実はパラリンピックに聴覚障害の選手は出場していない。聴覚以外の身体的能力は健常者に近く、リハビリ目的で始まったパラリンピックより記録を重視してきた経緯…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです