メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理想の図書館を求めて

/3 笠間・6年連続貸出数日本一 多彩な仕掛けで“繁盛” 借りやすさ、快適性で敷居下げ /茨城

 「笠間焼」や「笠間稲荷神社」で知られる笠間市には、合併前の1市2町にあたる笠間・友部・岩間の3カ所に市立図書館がある。2016年度の来館者数は3館で計約60万人。日本図書館協会によると、同年度の総貸出数は計約109万7000点と、人口8万人未満の市区で6年連続の日本一だ。多彩なイベントや借りやすさで、来館の「敷居」を徹底して下げたことが功を奏した。

 特徴の一つが、子供向けを中心とした多彩なイベント展開だ。6~7月に初めて開催した「星の図書館」では…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1244文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです