メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/9 生前契約の25年 「最後の準備」のすべて /東京

「利用者からたくさん学ばせてもらいました」と松島さんは振り返る

 平成という時代になって間もなく、東京・巣鴨の寺に「もやいの碑」という合葬式共同墓ができた。地縁・血縁に頼らない、会員制の、今でいう「墓友」でつくる新しい墓のかたちだった。しばらくして、その会員が声を上げる。

 「で、親しい親族もいないひとり暮らしのワタシの遺骨を、どなたが、もやいの碑に入れてくれるの?」

 そうか、家族に代わって単身者を支える仕組みが必要なのだ--。そうして1993年、「りすシステム」(…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1056文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです