メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/9 生前契約の25年 「最後の準備」のすべて /東京

「利用者からたくさん学ばせてもらいました」と松島さんは振り返る

 平成という時代になって間もなく、東京・巣鴨の寺に「もやいの碑」という合葬式共同墓ができた。地縁・血縁に頼らない、会員制の、今でいう「墓友」でつくる新しい墓のかたちだった。しばらくして、その会員が声を上げる。

 「で、親しい親族もいないひとり暮らしのワタシの遺骨を、どなたが、もやいの碑に入れてくれるの?」

 そうか、家族に代わって単身者を支える仕組みが必要なのだ--。そうして1993年、「りすシステム」(…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです