メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

「食の多様性」のいま=百五総合研究所・中村哲史 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 当社では現在、日本の「食の魅力」を海外に発信する事業に取り組んでいるが、経済の成熟度や人口規模などからみて、米国は魅力ある市場として注目している。そんな米国市場において、近年あるキーワードが注目されている。「菜食主義」、「ビーガン」だ。

 菜食主義を表す言葉としては「ベジタリアン」が有名であるが、国際ベジタリアン連合(本部・英国)が定義する「ベジタリアン」は、大きく次の4種に分類・定義される。(野菜に加えて)卵・乳製品・蜂蜜は食べる「オボ・ラクト・ベジタリアン」、乳製品・蜂蜜は食べる「ラクト・ベジタリアン」、卵・蜂蜜は食べる「オボ・ベジタリアン」。そして、卵・…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文741文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです