メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古、土砂投入先送り 「17日以降」から当面 知事選影響にらみ

埋め立て予定区域と土砂投入海域

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、防衛省沖縄防衛局による埋め立て工事は17日に工期入りする。だが、台風の影響が出ており政府は同日中にも始める予定だった土砂投入は当面見送る。さらに、知事だった翁長雄志氏が8日に亡くなったことで9月末に前倒しされた知事選への影響を抑えるため、知事選後の10月まで土砂投入を延期することも検討している。

 沖縄防衛局は6月に「8月17日以降に土砂投入を始める」と県に通知した。最初の埋め立て予定海域は7月…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです