メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道7空港

外資注目 一括民営化、事業者に続々応募 訪日外国人客に期待

一括民営化される北海道7空港

 国土交通省は16日、新千歳など北海道内7空港を2020年度から一括運営する事業者の公募を締め切った。国などによると、企業連合4組が応募し、うち3組はフランス、シンガポールの空港運営会社3社の「外資系」。中国や韓国など外国人観光客の急増を背景に、外資が続々参入する4陣営の争いが確定した。

 国管理の新千歳▽函館▽釧路▽稚内、道管理の女満別、市管理の旭川▽帯広の道内主要7空港が対象。所有権は国や自治体に残すが、20年度から30年間、運営権を民間に委託する。国、自治体で管理者が異なる空港の一括民営化は国内初。4組を1、2次審査で絞り、来年7月に優先交渉権者を決定する。

 関係者によると、日本企業連合で申し込んだのは、新千歳空港ターミナルビルを運営するHKK(北海道空港…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文776文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67
  5. ボクシング WBOフライ級タイトルマッチ 田中、3階級制覇 世界最速タイ12戦目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです