メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀行はどこへ

/1 金融参入ネット勢VS3メガ 決済データ争奪戦 アリババ、LINE…プラットフォーマーに存在感

アリペイを使いスマートフォンで人力車の乗車代金を支払う中国人女性客(右)=東京都台東区浅草で2018年8月11日、土屋渓撮影

 観光客でごった返す8月中旬の東京・浅草。目抜き通りには人力車がずらりと並ぶ。「アリペイ(支付宝)、使えるんだ」。中国・上海から訪れた20代の女性は、車夫が首にぶらさげたQRコードをみて声を弾ませた。自らのスマートフォンをQRコードにかざし、「9000円」と入力して支払いを済ませると、軽やかな足取りで人力車に乗り込んだ。

 アリペイは、中国最大の通販サイト「アリババ」の傘下企業が行うスマホ決済サービスだ。現在、全世界で6…

この記事は有料記事です。

残り2172文字(全文2383文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです