メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

米、なぜイラン制裁? 核開発に厳しい態度 中間選挙向けアピールも=回答・福永方人

対イラン制裁第1弾のポイント

 なるほドリ 米国がイランへの経済(けいざい)制裁(せいさい)を復活(ふっかつ)させたんだって?

 記者 トランプ大統領は5月、2015年にイランと米英仏中露独の6カ国がイランの核開発について交(か)わした約束を「最も大切な部分に問題がある」と批判し、一方的に抜(ぬ)けてしまいました。そして今月7日、約束に基(もと)づいて解除していた制裁の一部を「第1弾」として復活させたのです。イランとの自動車や貴金属(ききんぞく)の取引などが対象で、違反すると米国でビジネスができなくなったり、大金を支払わされたりする可能性があります。11月にはイラン経済の「生命線」とも言える原油(げんゆ)取引の停止にまで踏み込みます。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文880文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. キングオブコント 11代目王者は「ハナコ」 2490組の頂点に
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです