メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

米、なぜイラン制裁? 核開発に厳しい態度 中間選挙向けアピールも=回答・福永方人

対イラン制裁第1弾のポイント

 なるほドリ 米国がイランへの経済(けいざい)制裁(せいさい)を復活(ふっかつ)させたんだって?

 記者 トランプ大統領は5月、2015年にイランと米英仏中露独の6カ国がイランの核開発について交(か)わした約束を「最も大切な部分に問題がある」と批判し、一方的に抜(ぬ)けてしまいました。そして今月7日、約束に基(もと)づいて解除していた制裁の一部を「第1弾」として復活させたのです。イランとの自動車や貴金属(ききんぞく)の取引などが対象で、違反すると米国でビジネスができなくなったり、大金を支払わされたりする可能性があります。11月にはイラン経済の「生命線」とも言える原油(げんゆ)取引の停止にまで踏み込みます。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文880文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです