メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

米、なぜイラン制裁? 核開発に厳しい態度 中間選挙向けアピールも=回答・福永方人

対イラン制裁第1弾のポイント

 なるほドリ 米国がイランへの経済(けいざい)制裁(せいさい)を復活(ふっかつ)させたんだって?

 記者 トランプ大統領は5月、2015年にイランと米英仏中露独の6カ国がイランの核開発について交(か)わした約束を「最も大切な部分に問題がある」と批判し、一方的に抜(ぬ)けてしまいました。そして今月7日、約束に基(もと)づいて解除していた制裁の一部を「第1弾」として復活させたのです。イランとの自動車や貴金属(ききんぞく)の取引などが対象で、違反すると米国でビジネスができなくなったり、大金を支払わされたりする可能性があります。11月にはイラン経済の「生命線」とも言える原油(げんゆ)取引の停止にまで踏み込みます。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです