メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「効率化社会」のあり方

 目的地に乗客を早く、確実に運ぶ新幹線。限られた資源を技術力でカバーし、高度経済成長を遂げた日本の象徴となり、鉄道網の合理化・効率化が進められてきた。だが、地方経済の衰退や在来線の切り捨てなど、東京中心の利便性向上と引き換えに失われたものもある。低成長・人口減時代を迎えた今、効率化社会のあり方は。

「ゆっくり」「おっとり」にも価値 玄侑宗久 作家・福聚寺住職

 日本には長く「両行」という知恵があった。両行とは、古代中国の思想家、荘子の言葉で、矛盾や対立するも…

この記事は有料記事です。

残り4311文字(全文4540文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです