メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 イランのロウハニ大統領が7月下旬、獅子の尾をもてあそぶなと米トランプ政権に警告し、イランとの戦いは「すべての戦争の母になる」と語った。心臓に悪い言葉である。

 1991年、湾岸戦争で米軍などと戦ったイラクのフセイン大統領(故人)が、この言葉で兵を鼓舞したからだ。アラビア語のウンム(母)とマアリク(複数の戦闘)を組み合わせて、一般には「すべての戦闘の母」と訳される。

 ロウハニ師の場合は西側通信社が「戦争」と打電した。原語のペルシャ語で「戦争」か「戦闘」かは判然とし…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです