メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県防災ヘリ墜落

1週間 精鋭の死、地元痛恨 吾妻消防本部「大きな損失」

 群馬県中之条町の山中で群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落し乗員9人全員が死亡した事故から17日で1週間。県防災航空隊に出向中だった岡朗大(あきひろ)さん(38)を含め、死亡した9人中6人が地元の吾妻広域消防本部(同県東吾妻町)の隊員で、いずれも“救助のスペシャリスト”だった。当日も「ぐんま県境稜線(りょうせん)トレイル」で登山者の遭難が発生した場合の出動に備え、上空から危険箇所などを確認していた中で事故に遭った。地元の安心安全を支えてきた精鋭6人を一度に失った関係者の悲しみと衝撃は深い。【神内亜実、島袋太輔、李舜】

 田村研さん(47)は、同本部で初めて指導救命士の資格を取り、救急救命士を指導するリーダー格だった。…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1189文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです