メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

救助へ進化、警備犬 カメラ装着、生存者と会話も

 <いのちを守る>

 倒壊した家屋のわずかな隙間(すきま)を通り抜け、内部の様子を鮮明な画像で映し出す--。西日本豪雨で大きな被害が出た広島市安芸区矢野東地区では、災害現場に投入される警備犬の首に音声マイク付きの小型カメラを装着し、行方不明者を捜索するシステムを警視庁が初めて導入した。

 従来は生存者を発見した場合にほえて伝えていたが、新システムではハンドラー(指導役)と呼ばれる警察官のタブレット端末に表示され…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです