メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

対米攻撃想定訓練か 太平洋で爆撃機運用拡大

 米国防総省は16日、中国の軍事動向に関する年次報告書を発表した。中国人民解放軍が太平洋地域における爆撃機の運用を急速に拡大していると指摘し、米国とその同盟国に対する攻撃を想定した訓練を重ねている可能性があると分析した。

 中国の海洋進出が警戒される中、空軍も同様の動きを加速。米国を中国近海に寄せ付けない中国の「接近拒否戦略」を警戒する米国との対立が深まりそうだ。中国軍のH6爆撃機は昨年、沖縄の宮古海峡や対馬海峡、台湾海峡の上空を飛行し西太平洋へ抜けるなどの動きを活発化させていた。

 報告書は中国軍が沖縄、台湾、フィリピンを結ぶ「第1列島線」を越える爆撃機の運用能力を確保し、グアム…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文663文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 墜落 米軍機、那覇沖に 2操縦士無事
  5. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです