メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新政府専用機

北海道・千歳基地に到着

新千歳空港に着陸した次期政府専用機=北海道千歳市で2018年8月17日午前7時55分、貝塚太一撮影

 2019年度に導入される新たな政府専用機(ボーイング777-300ER型)が17日午前、航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)に到着した。「ジャンボ」の愛称があるボーイング747-400型から交代し、整備担当も日本航空から全日空に変更する。

 主翼と尾翼に日の丸が描かれ、機体の側面に赤色の曲線があしらわれている。天皇陛下や首相などの外国訪問に使われ、千歳基地を拠点に予備機を含め2機が運用される。

 17日はこのうち1機が機体の調整をしていたスイスから到着。もう1機は12月にも千歳基地に着く予定で、自衛隊は乗務員の訓練などを進める。【阿部義正】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
  4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです