メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「8年越しの花嫁」の難病

死亡率7%の壁(2)保険適用外の薬 治療遅く効果見えず

 抗NMDA受容体脳炎を発症し意識不明の状態が続いた望月綾さん(静岡県裾野市、当時高校3年)がわらにもすがる思いで、強力な免疫抑制剤リツキシマブを投与できる埼玉県内の総合病院へ転院したのは2016年6月13日だった。静岡県内の総合病院にいた2カ月間に施された第1段階の治療法では、ほとんど症状に改善が見られなかった。4月下旬に人工呼吸器を装着しており、より感染症のリスクが高まる中での決断だった。「一分、一秒でも早く目覚めさせたい。そのためにはどんな治療でも受けさせたい」という母親の思いを重く受け止めた転院先の病院は、最善の治療を施す方針を決めた。【照山哲史】

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1814文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです