メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「8年越しの花嫁」の難病

死亡率7%の壁(3)娘の死無駄にしない 治療技術発展を願い

 静岡の総合病院に戻った抗NMDA受容体脳炎の患者の望月綾さん(静岡県裾野市、当時高校3年)は2016年10月時点で重篤な状態が続いていた。血液中の炎症反応の程度を示す指標CRPの最大値は45まで跳ね上がった。通常であれば0.3程度だから、いかに深刻であるかが分かるだろう。感染症である肺炎や中耳炎などのほか、さまざまな投薬治療に伴う貧血や肝臓の異常も見られた。医療チームには一刻の猶予も残されていなかった。【照山哲史】

この記事は有料記事です。

残り2251文字(全文2461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです