メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「8年越しの花嫁」の難病

死亡率7%の壁(3)娘の死無駄にしない 治療技術発展を願い

 静岡の総合病院に戻った抗NMDA受容体脳炎の患者の望月綾さん(静岡県裾野市、当時高校3年)は2016年10月時点で重篤な状態が続いていた。血液中の炎症反応の程度を示す指標CRPの最大値は45まで跳ね上がった。通常であれば0.3程度だから、いかに深刻であるかが分かるだろう。感染症である肺炎や中耳炎などのほか、さまざまな投薬治療に伴う貧血や肝臓の異常も見られた。医療チームには一刻の猶予も残されていなかった。【照山哲史】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず
  5. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです