メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(21)映画「おクジラさま」米で公開 米国の分断に重なる捕鯨論争

「おクジラさま ふたつの正義の物語」を制作した佐々木芽生監督=米ロサンゼルスで2018年8月14日、長野宏美撮影

 和歌山県太地町を巡る世界的な捕鯨論争を追ったドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」(公式サイトはこちら)が17日から、反捕鯨派が多数を占める米国で公開される。テーマは捕鯨の是非ではなく、どうすれば異なる意見の人が分かり合えるかだ。太地町のイルカ追い込み漁を反捕鯨団体の視点からセンセーショナルに記録し、2010年にアカデミー賞のドキュメンタリー賞を受賞した米映画「ザ・コーヴ」とは対照的だ。

 「コーヴ」はヒーロー役の活動家が「悪事」をする太地町の漁師を相手に奮闘する勧善懲悪の物語だ。日本への理解を欠いた観客が見ると「即刻イルカ漁をやめろ」と叫びたくなる内容だが、太地町で漁師と活動家の双方に話を聞いた「おクジラさま」はまったく異なる視点を提供している。米ニューヨーク在住の佐々木芽生(めぐみ)監督(56)は「捕鯨を巡って両極化した意見が激突し、溝と憎悪が深まる状況はトランプ政権下の米国に重なる」と指摘する。14日に先行上映会が開かれたロサンゼルスで佐々木監督にインタビューすると、捕鯨問題を入り口に、グローバルとローカルの価値観の衝突やトランプ政権下で分断が広がる社会の問題が見えてきた。

「おクジラさま ふたつの正義の物語」の先行上映会で作品について語る佐々木芽生監督(左)=米ロサンゼルスで2018年8月14日、長野宏美撮影

 --映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」を撮るきっかけは、米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」だったそうですね。

 ◆「ザ・コーヴ」を見たのは09年夏です。良くできた映画ですが、偏見に満ちているし、日本への理解がまったくないと思いました。さらに驚いたのは日本から英語で有効な反論がなかったことです。私はアメリカに30年間住んでいます。米国社会には賛否両論を呼ぶテーマがいろいろありますが、捕鯨問題に関しては一方的な意見しかないことが気になっていました。問題は情報の欠如ではないか。このままいくと変な誤解と憎しみが大きくなっていくだけだと思ったのがきっかけです。「コーヴ」に背中を押された感じですが、「コーヴ」に反論するとか非難するために映画を作ったわけではありません。

 --捕鯨の問題だと思って太地町に入ったら、まったく違ったものが見えてきました。

 ◆太地町で起きていることが世界の縮図だという視点で考えたらいろいろなことが見えてきました。あそこで対立している力は「西欧対日本」ではなく、「グローバル対ローカル」。小さなコミュニティーの人がグローバリズムの影響で苦しんでいる。そういう人々が世界中にいることが明らかになったのは16年だと思います。イギリスがEU(欧州連合)離脱を決めたり、トランプ氏が米大統領に当選したりした年です。それをサポートした人はローカルな人だと思う。グローバリズムに苦しめられて、生活を脅かされた人です。ただ、その人たちの声はなかなか上がってきません。だから、トランプ氏が問題ではなく、彼に投票する人たちに何が起きているかが問題だと思います。映画「おクジラさま」が完成して釜山国際映画祭で初公開されましたのも、この年の秋でした。太地町の漁師の苦しみやつらさはいろんな意味で世界につながっている。歴史が長くて個性的な小さな町は世界中にあって、生き残りに苦労している。

 もう一つはコミュニケーションの問題です。ソーシャルメディアにアクセスする人が少ない太地町の漁師のような人たちの声は私たちに届かなくなっている。さらに、なぜ私たちは分かり合えないのかという問題があります。なぜ自分と全然違う考えの人たちを排除して、自分の考えだけが正しいと押しつけようとするのか。それは太地町の漁師と活動家の対立だけに限りません。最初に価値観の対立があって、それが発展していくと戦争になるのだろうと思いました。

 --捕鯨問題がナショナリズムになっているという指摘もあります。

 ◆日本人が1人当たり1年間に食べる鯨肉の量はハム数枚程度です。食べないのになぜ捕鯨にこだわるのか。外国人がやってきて「鯨は偉大な動物だから食べるな」と言うのが不愉快だという反応です。これは日本の伝統文化で、自分は食べないけれど反発するという世論になっていると思います。

 --伝統に関する考え方も違うようです。

 ◆それは(反捕鯨団体の)シー・シェパードの人と話して気づきました。日本人同士だったら、「伝統だから守らないといけない」と言ったら通じます。でも、欧米人は奴隷制度とか悪い伝統もあるから、それは取り除こうと言います。極端に言うと伝統は壊すもので、そうやって人類は進化していくという考えです。日本が捕鯨を守ろうという時に、「日本の伝統だ」と主張するだけでは効果がないと思います。

「メディアをうまく扱う人が情報戦争に勝つ」

 --分かるように情報発信していかないといけないということですか。

 ◆これは情報戦争です。捕鯨問題だけでなく、トランプ政権下でいろんな問題が議論されていますが、何が正しいかとか、政策がいいか悪いかは関係ない。フェイク(偽)ニュースが跋扈(ばっこ)しているところを見ても、誰が情報をうまく操作するかという問題になっています。メディアをうまく扱える人間がこの情報戦争に勝つのです。捕鯨の問題ではアメリカや活動家の発信する情報が独り歩きして、世界に拡散しました。完全に日本が負けています。

 --何が有効ですか。

 ◆感情が世界を動かすと思います。アメリカ人が好き、嫌いなキーワードがあって、アメリカ人は英雄をとても好みます。「コーヴ」の場合は、(撮影している人々が)自分たちを英雄視しています。我らが絶対正義で太地町が悪だから征伐にいってやろうという姿勢です。でも、自分たちが絶対の正義で、それをあの映画で押しつけるのは間違いじゃないか。私は小さな漁村にハリウッドからものすごい機材を持ち込み、カメラを向けるのは暴力だと思うし、単なるいじめだと思います。そう言うと、みんな納得します。それから、アメリカ人は寛容でありたいと思っているので、「他の人が歴史や文化があって続けたいと言っているのに、何でそれを受け入れることができないのか。そんな不寛容でいいのか。自分だけが正しいことを言っているというアメリカの態度が世界で嫌われているのではないか」と言われると、胸に刺さるわけです。

 --これまでの先行上映で、アメリカ人の反応は。

 ◆思ったよりもポジティブでした。自分は反捕鯨だが、この映画は中立的に描かれていて面白かったとか、意外と反省する声が多かったですね。

 --トランプ政権下で支持派と反対派が嫌悪し合い、分断が進む今のアメリカに似ているという意見もありますか。

 ◆皆さん、そう言っている。トランプ政権下で意見が両極化し、自分の意見だけが正しいと主張して相手の意見を聞かない。だから溝だけが深まって憎しみだけが募る。太地町で起きていることは今のアメリカとまさに重なります。面白いと思ったのは、反トランプ派のリベラルの人たちの感想です。(この映画に映し出されている)活動家が漁師に罵詈(ばり)雑言を浴びせる姿に、トランプ支持派を攻撃する自分の姿が重なって恥ずかしいと思ったという意見がありました。

「おクジラさま ふたつの正義の物語」の先行上映会で観客の質問を受ける佐々木芽生監督(前方左)=米ロサンゼルスで2018年8月14日、長野宏美撮影

 --なぜこれほどアメリカは分極化したのでしょう。

 ◆トランプ氏の影響がすごく大きいと思うし、彼が当選しなければここまでの分断はなかったと思います。確かにトランプ氏はすごく大胆なことをしていて、それに賛成できない人は怒りのやり場がありません。でも、トランプ政権の高官がレストランに来たら追い出すとか、リベラル派はそんなことまでやっている。トランプ氏になって憎悪が募っているんだと思います。それは格差が拡大していることの表れでもあります。生活レベルの格差もあるし、情報の格差もある。インターネットで情報が増えたように感じますが、ネット検索では自分の興味のあるものが優先的に出てくる仕組みになっている。視野が広がっているようだけど、実際には狭まっていると思います。

 --アメリカで上映する意義は。

 ◆この映画を作る動機は、なぜ捕鯨の議論になると反捕鯨の声しかないのかということでした。どちらが正しいとかじゃなく、少なくとも情報提供したいと思いました。反対側の情報が皆無に近いアメリカで、捕鯨に携わってきた人の思いを伝えたいです。【長野宏美】


上映情報

 8月17日のニューヨークを皮切りに、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルで1週間ずつ公開予定で延長されることもある。

 ニューヨークは17日からQuad Cinemaで。17、18日の午後6時45分の上映では、終了後に佐々木監督の質疑応答がある。(https://quadcinema.com/film/a-whale-of-a-tale/)

 ロサンゼルは24日からLaemmle Music Hall で。上映情報は20日に発表予定。(https://www.laemmle.com/films/44138)

 サンフランシスコは9月7日からAlamo Missionで。上映情報は9月3日に発表予定(https://drafthouse.com/sf)

 シアトルは9月14日から SIFF Film Center で。上映情報は9月10に発表予定。(https://www.siff.net/)


佐々木芽生(ささき・めぐみ)

札幌市生まれ。1987年から米ニューヨーク在住。テレビの報道番組の制作などに携わった後、2008年にニューヨークで庶民的な生活を送りながら現代アートを集めてきた夫婦を描いたドキュメンタリー映画「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」を発表。13年続編の「ハーブ&ドロシー2 ふたりからの贈りもの」を発表。3作目の今作は日本では17年9月に公開された。今作を元にした著書「おクジラさま ふたつの正義の物語」(集英社)は18年度の科学ジャーナリスト賞を受賞した。

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです