メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンダム選手権

[速報]松山1アンダー73位タイ、小平1オーバー116位タイ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ウィンダム選手権 初日

PGAツアー第44戦 ウィンダム選手権/ノースカロライナ州 セッジフィールドCC

 グリーンズボロ(ノースカロライナ州)で開幕したウィンダム選手権。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場している。松山は1アンダー73位タイ、小平は1オーバー116位タイで初日のラウンドを終えた。

MORE:ウィンダム選手権の最新スコアはここをクリック!

 松山は現地時間の7時40分に10番ホールからスタート。11番パー4でボギーが先行したが、12番パー3でバーディを取り返した。14番パー4で再びボギーを叩いたが、15番パー5と17番パー4でバーディを奪い、前半を1アンダーで折り返した。

 後半に入ると、5番パー5でバーディを加えたが、7番パー3と8番パー4で連続ボギー。しかし、9番パー4をバーディで締めくくった。

 結局、この日のスコアは5バーディ、4ボギーの1アンダー69(パー70)。首位と10打差の73位タイだった。

 小平は現地時間の7時30分に1番ホールからスタート。5番パー5でバーディを先行させると、6番パー4でもバーディを重ねた。ところが、8番パー4と9番パー4で連続ボギーを叩き、前半をイーブンパーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー4、12番パー3、14番パー4とボギーが続いたが、17番パー4と18番パー4を連続バーディで締めくくった。

 結局、この日のスコアは4バーディ、5ボギーの1オーバー71。首位と12打差の116位タイと出遅れた。

ブラント・スネデカーが大会レコードの11アンダー59をマークし、単独首位発進 Photo by Kevin C. Cox/Getty Images

 初日終了時点で首位に立ったのは、ブラント・スネデカー(米国)。1イーグル、10バーディ、1ボギーの11アンダー59で大会レコードを樹立し、後続に4打差をつけた。

 首位と4打差の7アンダー2位タイに、ライアン・ムーア(米国)とジョン・オダ(米国)の2人が続いている。

 首位と5打差の6アンダー4位タイに、マーティン・フローレス(米国)、D.A.ポインツ(米国)ら7人が並んでいる。

 前年覇者のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、4バーディ、2ボギーの2アンダー68でプレー。首位と9打差の45位タイだった。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです