メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンダム選手権

[速報]松山1アンダー73位タイ、小平1オーバー116位タイ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ウィンダム選手権 初日

PGAツアー第44戦 ウィンダム選手権/ノースカロライナ州 セッジフィールドCC

 グリーンズボロ(ノースカロライナ州)で開幕したウィンダム選手権。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場している。松山は1アンダー73位タイ、小平は1オーバー116位タイで初日のラウンドを終えた。

MORE:ウィンダム選手権の最新スコアはここをクリック!

 松山は現地時間の7時40分に10番ホールからスタート。11番パー4でボギーが先行したが、12番パー3でバーディを取り返した。14番パー4で再びボギーを叩いたが、15番パー5と17番パー4でバーディを奪い、前半を1アンダーで折り返した。

 後半に入ると、5番パー5でバーディを加えたが、7番パー3と8番パー4で連続ボギー。しかし、9番パー4をバーディで締めくくった。

 結局、この日のスコアは5バーディ、4ボギーの1アンダー69(パー70)。首位と10打差の73位タイだった。

 小平は現地時間の7時30分に1番ホールからスタート。5番パー5でバーディを先行させると、6番パー4でもバーディを重ねた。ところが、8番パー4と9番パー4で連続ボギーを叩き、前半をイーブンパーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー4、12番パー3、14番パー4とボギーが続いたが、17番パー4と18番パー4を連続バーディで締めくくった。

 結局、この日のスコアは4バーディ、5ボギーの1オーバー71。首位と12打差の116位タイと出遅れた。

ブラント・スネデカーが大会レコードの11アンダー59をマークし、単独首位発進 Photo by Kevin C. Cox/Getty Images

 初日終了時点で首位に立ったのは、ブラント・スネデカー(米国)。1イーグル、10バーディ、1ボギーの11アンダー59で大会レコードを樹立し、後続に4打差をつけた。

 首位と4打差の7アンダー2位タイに、ライアン・ムーア(米国)とジョン・オダ(米国)の2人が続いている。

 首位と5打差の6アンダー4位タイに、マーティン・フローレス(米国)、D.A.ポインツ(米国)ら7人が並んでいる。

 前年覇者のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、4バーディ、2ボギーの2アンダー68でプレー。首位と9打差の45位タイだった。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  3. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  4. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道
  5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです