メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

ザ・フィーバー333 劇的なパンイチ地獄絵

 ただただ最高。これだから、ロックファンはやめられない。こんなにもカッコよくて、こんなにもおバカで、こんなにも誠実なバンドが、ロックが時代からスルーされている2018年に現れるなんて。

 今年のFUJIROCKFESTIVALが日本初ライブの舞台となったザ・フィーバー333は、米ロサンゼルスの3人組。ロックンロールとパンクとヒップホップを掛け合わせたハードエッジな音楽スタイルと、政治的なメッセージ性の強さは、同郷のレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンと重なり、四半世紀を経てついに正統な継承者の登場かと、いやが上にも期待が高まる。

 ボーカルのジェイソンが黒装束に黒頭巾をかぶり、数々の演説をコラージュしたSE(効果音)が流れるステ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです