メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

ザ・フィーバー333 劇的なパンイチ地獄絵

 ただただ最高。これだから、ロックファンはやめられない。こんなにもカッコよくて、こんなにもおバカで、こんなにも誠実なバンドが、ロックが時代からスルーされている2018年に現れるなんて。

 今年のFUJIROCKFESTIVALが日本初ライブの舞台となったザ・フィーバー333は、米ロサンゼルスの3人組。ロックンロールとパンクとヒップホップを掛け合わせたハードエッジな音楽スタイルと、政治的なメッセージ性の強さは、同郷のレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンと重なり、四半世紀を経てついに正統な継承者の登場かと、いやが上にも期待が高まる。

 ボーカルのジェイソンが黒装束に黒頭巾をかぶり、数々の演説をコラージュしたSE(効果音)が流れるステ…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです