メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

ザ・フィーバー333 劇的なパンイチ地獄絵

 ただただ最高。これだから、ロックファンはやめられない。こんなにもカッコよくて、こんなにもおバカで、こんなにも誠実なバンドが、ロックが時代からスルーされている2018年に現れるなんて。

 今年のFUJIROCKFESTIVALが日本初ライブの舞台となったザ・フィーバー333は、米ロサンゼルスの3人組。ロックンロールとパンクとヒップホップを掛け合わせたハードエッジな音楽スタイルと、政治的なメッセージ性の強さは、同郷のレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンと重なり、四半世紀を経てついに正統な継承者の登場かと、いやが上にも期待が高まる。

 ボーカルのジェイソンが黒装束に黒頭巾をかぶり、数々の演説をコラージュしたSE(効果音)が流れるステ…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです