メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSウイルス

流行 夏の感染、乳幼児は要注意

今年と昨年のRSウイルス感染症の患者数の推移

 主に2歳以下の乳幼児に多い呼吸器疾患で、鼻水やせき、38~39度の発熱が特徴の「RSウイルス感染症」が流行し始めた。従来、秋から冬に流行していたが、近年は時期が早まり夏から患者の増えるパターンが多くなっている。重症になると肺炎や気管支炎になる恐れもあり、専門家は、乳幼児に症状が出た時は早めに受診させるのが望ましいと注意喚起…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです