メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴レルデ

エンマの願い/31 平和誓った「新憲法」どこへ

小林康二さんが取り出した「あたらしい憲法のはなし」には、あちこちに線が引いてあった=大阪市淀川区で、松井宏員撮影

 命からがら空襲を逃れ、疎開先でひもじい思いをして生き延びた小林康二さん(78)は終戦の翌年、小学校に上がり、そして中学生になった。希望に燃えていた小林さんを新たな試練が襲った。

 --中2の時、父親がアル中で倒れて死んでね。もう自分は高校に行けないと思た。吉川英治のように、学校出てなくても小説家になろうと文学に走った。勉強を捨てて、1冊40円の岩波文庫を買って、授業中も教科書に挟んで読んでた。試験は白紙で出した。どうせ高校行かれへんし。

 中学を出たら、おじさんの鉄工所で働いた。そのころ歌声喫茶がはやってて、ロシア民謡を歌ってたら「兄ち…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1463文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです