メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理想の図書館を求めて

/4 土浦・8カ月で来館40万人超 若者引き寄せる「使命」 駅前にぎわい創出にも一役 /茨城

 7月24日の午前中、平日にもかかわらず、土浦市立図書館の出入り口近くの本棚に人だかりができていた。毎週火曜日は購入したばかりの新刊が並ぶため、開館と同時に詰めかけるという。公募で就任した入沢弘子館長(55)は、近隣の自治体に住む大学生の「こんな図書館があるなら市民になりたい」という発言が忘れられない。多くの人々、特に若者を引き寄せるのが、この図書館の「ミッション(使命)」だからだ。

 同図書館は昨年11月、JR土浦駅西口の再開発ビル「アルカス土浦」(同市大和町)の2~4階にオープン…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1267文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです