メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

アジア大会、五輪へ思惑 インドネシア、招致見据え国力誇示

ジャカルタ市中心部に設置された開幕までのカウントダウンボード。右奥は独立記念日を祝福しバイクなどで走る市民ら=17日、宮間俊樹撮影

 アジア最大のスポーツの祭典、第18回アジア大会は18日、インドネシアの首都ジャカルタで開会式が行われる。大会開催による経済効果を期待するインドネシアは今大会の成功を足がかりに、将来的な五輪招致を見据える。2020年東京五輪を控える日本選手団は各競技団体でアジア大会への取り組みが異なるため、具体的な目標を掲げていない。【ジャカルタ小林悠太、倉沢仁志】

 「これからの五輪はアジアの新興国やアフリカに開催のチャンスがある。五輪を開催すれば政治や経済も変わ…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2242文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです