メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀行はどこへ

/2 「お堅い」文化、変わるか IT企業参入に危機感

仕事研究イベントに参加する学生たち=さいたま市で7月、竹下理子撮影

 「役員が読み飛ばすような資料を何十時間もかけて作っていた。面白くなかった」。東京都内のコンサルタント会社で働く30代男性は、約10年間の大手銀行時代を振り返る。有名国立大を卒業後「企業を育て、世の中の役に立ちたい」と入行したが、仕事の大半は、次世代システムの報告書作成などの事務作業。安定をなげうって2年前に転職したことに、後悔はない。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1424文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです