メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食品ロス

減らせ 気象データで飲食店の客数予測 損保ジャパンなど

 損保ジャパン日本興亜など3者は9月から、飲食店の来店客数を予測して店に提供する実証実験を始める。これまで経験や勘に頼っていた仕入れ量の精度を高め、食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」を減らすのが狙いだ。予測が外れたときの店の損失を補償する保険の開発にも取り組む。【竹下理子】

外れた場合の保険開発

 日本気象協会、飲食店向け予約管理システムを提供する「トレタ」(東京都品川区)と共同で実施する。気象協会は降水量や気温などの気象データを活用し、天候に左右されやすい飲料や衣料品などの需要予測を算出するメーカー向けのサービスを2017年度に事業化している。トレタはグルメサイトや電話などを通じて入る予約や、来店客数、顧客台帳などを一体管理できるシステムを販売しており全国1万店以上のデータを持つ。損保ジャパンが両者のサービスに目を付け提案した。

 トレタの顧客などから実験への参加店を募集。過去の来店客データと気象データを組み合わせ、1週間先まで…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文993文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです