メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

少女夢中、オルチャンメーク

店頭で韓国コスメを試す中学生たち=東京都渋谷区のエチュードハウス原宿・竹下通り本店で、斎藤義彦撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 化粧をしている10代の女の子が目立つようになった。専門家や業界関係者に聞くと、美容先進国・韓国へのあこがれや、お手ごろ価格を意味する「プチプラ」コスメの普及が影響しているという。ティーンのメーク事情を探った。

 「土日と特別な日にメークしてる。リップとティントを持ってるよ。クラスでメークしてるのは3人ぐらいかな。はやってるのは韓国コスメ」。こう話す関西圏の小6女子(11)は、韓国のK-POPアイドルの大ファン。ファッション、メークも彼女らがお手本で、唇を染める「ティント」は韓国コスメの定番だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  2. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 錦織が棄権、第1セット落とし第2セット途中で またジョコの壁 全豪テニス
  5. 鉄道事故 インフル感染、線路に転落か 女性死亡 東京・中目黒駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです