メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

少女夢中、オルチャンメーク

店頭で韓国コスメを試す中学生たち=東京都渋谷区のエチュードハウス原宿・竹下通り本店で、斎藤義彦撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 化粧をしている10代の女の子が目立つようになった。専門家や業界関係者に聞くと、美容先進国・韓国へのあこがれや、お手ごろ価格を意味する「プチプラ」コスメの普及が影響しているという。ティーンのメーク事情を探った。

 「土日と特別な日にメークしてる。リップとティントを持ってるよ。クラスでメークしてるのは3人ぐらいかな。はやってるのは韓国コスメ」。こう話す関西圏の小6女子(11)は、韓国のK-POPアイドルの大ファン。ファッション、メークも彼女らがお手本で、唇を染める「ティント」は韓国コスメの定番だ。

この記事は有料記事です。

残り1623文字(全文1888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです