メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-佐藤康光九段 第6局の4

具体的には大変

 形勢を損じ逆転の糸口を探る佐藤の残り時間がみるみる減っていく。そのため消費時間の差が大きく広がった。図の局面で残りが12分という佐藤に対し、広瀬はまだ2時間半以上も残している状況である。

 図から[後]5四飛と浮き[先]4八金[後]2四飛という変化が感想戦で検討陣から尋ねられたが、「こちらから見るとやる気がしない順ですね。若いころならこうやって辛抱したかもしれませんけど……」と佐藤。

 模様がいい先手だが、広瀬も「局面を具体的に優勢に持っていくのはそれなりに大変かなと思っていました」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです