メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

サッカー 全員が戦力、漂う緊張感 男子・森保監督

ネパール戦前半、戦況を見つめる森保監督=宮間俊樹撮影

 サッカー男子の日本は、2試合目で既に全20選手がピッチに立った。森保監督は「選手たちには全員が戦力だと言っている」と競争をあおりつつ、一つ一つのプレーをつぶさにチェック。試合中もメモを取りながら東京五輪を目指す選手たちの力を見極めている。

 格下との対戦が続いたものの、ピッチ脇ではわずかな緩みも許さない緊張感を漂わせた。4-0と快勝したパキスタン戦の後半、ペナルティーエリ…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです