メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/4 南洋から我が子へ 30歳、兵士の無念たどり映画に

マーシャルで没した佐藤冨五郎さんが戦前、バスの運転手をしていた周辺を散策する息子の勉さん(右)と大川史織さん=東京都豊島区で長谷川直亮撮影

 73年前に書かれた鉛筆の字はかすれていた。4500キロ離れた南洋のマーシャル諸島に出征した男性が、命を落とす数時間前まで書き付けた日記。大切な形見を家族から預かった東京都の大川史織さん(30)は、撮影した字をスマホの画面上で拡大しながら解読を続け、何度も男性の思いに触れた。「家族に会いたかったよね」。いつしか心の中で話しかけるようになった。

 大川さんは高校生の時、アメリカの核実験で被ばくしたビキニ環礁があるマーシャル諸島の存在をインターネ…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです