メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想

総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ

 大阪都構想で大阪市を廃止して設置する特別区について、各区に中核市並みの行政組織を備えた「総合庁舎」を建設した場合、現有庁舎の不足分を建設するのと比べて2倍近い637億円の整備費が必要になることが17日、大阪府・市の事務局による試算で分かった。総務や財務など官房機能を集約した「官房庁舎」を建設する場合と比べても約1.7倍。初期投資が膨らみ、都構想が目指すコスト抑制につながらないとの批判を招きそうだ。

 事務局案では、いずれのケースも既存の区役所の活用が前提。都構想で設置する4特別区の本庁舎の場所は、…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文590文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです