メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

「いいでねっか」が並ぶ 雑貨屋「デネッカ」 生活に生かせる「かわいさ」 /新潟

 手ぬぐいを縫い合わせた筆箱や米袋を再利用したレターセット、おばあちゃん譲りのアクセサリー--。新潟市西区内野町の米屋の一角に4月下旬、雑貨屋「デネッカ」がオープンした。一見外国語のような店名は、実は内野町の方言で「いいじゃん」を表す「いいでねっか」から取ったもの。どこかの少女の部屋のインテリアのように細々と並べられた約700点は全て、店主の曽山芽衣さん(30)が「いいでねっか」と買い付けたり、手作りしたものばかりだ。

 長野県出身の曽山さん。2007年に新潟大教育学部に入学し、アートで地域活性化を目指す大学の活動で初…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです