メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

「いいでねっか」が並ぶ 雑貨屋「デネッカ」 生活に生かせる「かわいさ」 /新潟

 手ぬぐいを縫い合わせた筆箱や米袋を再利用したレターセット、おばあちゃん譲りのアクセサリー--。新潟市西区内野町の米屋の一角に4月下旬、雑貨屋「デネッカ」がオープンした。一見外国語のような店名は、実は内野町の方言で「いいじゃん」を表す「いいでねっか」から取ったもの。どこかの少女の部屋のインテリアのように細々と並べられた約700点は全て、店主の曽山芽衣さん(30)が「いいでねっか」と買い付けたり、手作りしたものばかりだ。

 長野県出身の曽山さん。2007年に新潟大教育学部に入学し、アートで地域活性化を目指す大学の活動で初…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです