メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ

世界遺産運河に3D「印刷」橋

工房で完成した橋の主要部分に並んで立つ開発チームのメンバー。実際に架設する際には底板が付けられる=MX3D提供

 【ブリュッセル八田浩輔】オランダの首都アムステルダムの運河に、3Dプリンターで造られたステンレス製の橋を架ける世界初の計画が進んでいる。

 国内外から20の事業者と大学、アムステルダム市が参加する共同プロジェクト。空間に立体物を「印刷」するように造形し、ものづくりを変えると期待される3Dプリンターによって世界遺産のアムステルダムの運河に橋を架けることで「最新技術と歴史をつなげたい」と関係者は意気込む…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです