メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

カナダと人権巡り火花 カナダ、活動家釈放要求 サウジ、「内政干渉」と反発

サウジアラビアのサルマン皇太子=ロイター

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア国内の人権状況をカナダが批判したことをきっかけに、両国の対立が深まっている。サウジ政府はカナダとの新たな貿易や投資取引の凍結を決め、駐サウジのカナダ大使も国外退去処分とした。厳格なイスラム社会の改革を進める一方、サウジの内政批判に対しては強硬手段も辞さないムハンマド皇太子の強気の外交姿勢が浮き彫りになっている。

 発端はカナダ外務省によるツイッター。今月3日、サウジで女性の権利擁護運動などに取り組むサマル・バダ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです