メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級1組 渡辺棋王 土付かずの3連勝 今年度は勝率7割超え

渡辺明棋王

 <第77期順位戦B級1組 渡辺明棋王VS菅井竜也王位>

 コンピューター将棋の影響により現代将棋は激変したが、特に変わったのは玉を守る囲いや布陣だ。今までは穴熊など玉に金銀を密着させた囲いが主流だったのが、玉の広さを重視するようになったのだ。玉は敵飛車のタテのラインから外し、玉の逃げ場所が多い囲いが主流になった。従って相居飛車戦では8八に入城する将棋が減り、玉を中央や右に配置することが増えた。「堅さ」よりも「広さ」の時代になったのだ。その流れについていけず、渡辺明棋王(34)は成績を落とした。

 玉を固めて戦う将棋を得意とする渡辺は現代将棋への対応が遅れ、竜王を失い、A級から陥落した。だが今年…

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1394文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです