メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

第1日 見せる、アジアの活力

第18回アジア大会の開会式で打ち上げられた花火=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月18日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ松本晃】45カ国・地域から1万1000人以上の精鋭が集う第18回アジア大会が18日夜、インドネシアの首都ジャカルタでの開会式で幕を開けた。大会スローガンは「Energy of Asia(アジアの活力)」。急成長する東南アジアを象徴するように高層ビルが建ち並び、多くの人々が行き交うジャカルタは、アジア最大の巨大イベントの開催を実現した熱気に包まれた。

 大会は9月2日までの16日間で40競技465種目が行われる。競技は19日から本格的に始まる。日本選…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1675文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです