メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

運営、ドタバタ続く 体操、練習6時間遅れ サッカー、大会規定を途中で変更

体操、練習6時間遅れ 会場設営間に合わず

 体操の男子代表が18日、本番会場で6時間遅れとなった公式練習に臨んだ。選手村に一度戻るなどドタバタの最終調整となり、4月の全日本選手権で最年少優勝を果たした19歳の谷川翔(順大)は「ちょっと大変な大会になると聞いていたので、ハプニングはあると思っていた」と苦笑いした。

 当初は午前10時開始の予定だったが、照明装置のつり上げなど会場設営が遅れ、午後4時からに変更された…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  4. CINEMA 響-HIBIKI- /愛知
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです