メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アルツハイマー病

承認外の細胞、投与 再生医療で福岡の医院

 福岡市の「トリニティクリニック福岡」が4月に自由診療で始めたアルツハイマー病を治療する再生医療が、国に届け出た計画から外れた方法で患者4人に行われていたことが18日、分かった。別の目的で何年も前に患者自身から採取し保管していた細胞を投与するなどしていた。国の認定を受けて治療を審査、監督する専門家委員会が問題を指摘し、クリニックに治療の一時中止と改善を求めた。

 再生医療を実施する場合は計画を作成し、安全性などに問題がないか審査を受けることが法で義務付けられて…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文669文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 三越伊勢丹 2店閉鎖へ 相模原と府中、来年9月末めどに
  4. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです