メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

好きに食べたい

この夏最高の料理本=服部みれい

 この夏とびきりすばらしい料理本に出合った。按田優子さんの「たすかる料理」(出版社・リトルモア、写真・鈴木陽介)である。

 東京・代々木上原に、この本の著者である按田さんと鈴木さんが営む「按田餃子(ぎょうざ)」はあって、3回ほど行ったことがある。水ギョーザをメインにした小さな飲食店。一見、古い定食屋さんか、中華料理屋さんかと見まごうが、まったく違う。「ゆでらげ」「ラゲーライス」など見なれないメニューが並び、メニューにはやたらとキクラゲやハトムギなどが使われている。店内にはご近所さんでひとりふらりと食べに来たという感じの方もいるし、憧れて遠くから来ましたというカップルも混在している。味は絶対にほかでは食べられないような滋味深い味がする。どこか遠い国の味のようであり、家で食べている味のようでもある。そして食べたら誰もが「按田餃子」が近所にあればいいのに、とつぶやくに違いない。

 この本の、何に感動したって、その「きどらなさ」である。「ふつうの味」を目指していること、「自炊の延…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文1025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです